和歌山の方言について紹介します。
基本的に地理的にも大阪に近いことから、
京都弁よりも大阪弁に近い方言になるのが和歌山弁(紀州弁)。

例 ”へん”の使い方

  • わからない→わかれへん
  • ない→あれへん
  • 行かない→行けへん
  • 書かない→書けへん
  • 泳がない→泳げへん
  • できない→でけへん
  • 言わない→言えへん(ゆえへん)
  • 会わない→会えへん
  • 行けない→行かれへん
  • 言えない→言われへん
  • 会えない→会われへん

ここまでは大阪弁と同じでエ段+へんになるのが特徴。
ただし、和歌山でも奈良に面している地域では
京都式のわからへん、行かへんとなる場合もあります。

他に和歌山弁の特徴として、
否定の場合”やん”を付けるのが特徴的。

  • しない→しやん
  • 出ない→でやん
  • 出来ない→できやん
  • 行けない→行けやん
  • 見えない→見えやん

このやんは三重弁と同じ。

また、和歌山でも地域によってはやんではなく
らんを使う地域もあります。

授業出らんとくわ→授業出ないでおくわ

他の和歌山弁の大きな特徴をいくつか上げると、

●~でなぁ・・・~よなぁ

忙しいでなぁ。
→忙しいよなぁ。

※南大阪でも使われる。

●~よぉ(語尾)・・・~ね

俺よぉ最近よぉ・・俺ね最近ね

※南大阪でも使われる

●~しちゃる、~しちゃある・・・~してある

ここに置いちゃあるやんか。
→ここに置いてるじゃないか。

●~しやる・・・~している

まだご飯食べやるわ。
→まだご飯食べているわ。

●~ら(語尾)・・・~しようよ

そろそろ行こら
→そろそろ行こうよ

●つむ・・・混んでいる

やっぱり白浜は夏はつんじゃある。
→やっぱり白浜は夏は混んでいる。

他にもにえる=青あざとか有名なものもありますが、
最近の若い人はあまり言わなくなってきており、
上記のような方言が現在も和歌山では使われていると思います。

ぜひ知っておいてください。