関西弁で「えぐい」や「えげつない」という言葉があります。

 

最近は関西出身の芸人さんや関西出身のYoutuberなんかもこの言葉をよく使うので、
よく耳にする言葉の1つで、最近では比較的東京をはじめとする関東でも使う人もいるほど。

 

それではこの関西弁の「えぐい」や「えげつない」という言葉はいったい
どういう意味なのでしょうか?

 

関西弁「えぐい」の意味はどういう意味?

早速答えから言うと「えぐい」と「えげつない」は
どちらも「残酷な」とか「度が過ぎている」とかそういう意味です。

 

そこで、日常生活でよく使う「えぐい」「えげつない」の例文を紹介してみましょう!

 

例1)

A)昨日残業で終電乗られへんかってタクシーで帰ったわ。

→昨日残業で終電乗れなかってタクシーで帰ったわ。

B)何それ?えぐいなぁ!!
→何それ?残酷だなぁ!!

 

例2)

A)今日の弁当白飯と梅干だけでおかず何も入ってないわ

B)えげつないなぁ!!

 

関西弁「えぐい」「えげつない」まとめ

こんな感じで関西では日常生活で「えぐい」も「えげつない」もよく使います。

 

繰り返しになりますが、どちらも「残酷である」とか「度が過ぎている」とかそういう意味で、
他に標準語でいうところの「ヤバイ」の使い方によく似ているようにも思います。

 

この記事を読んだあなたは早速「えぐい」を試しに使ってみて欲しいなと思います。