関西弁でいーひんとしーひんという言葉があります。

  • いない→いーひん
  • しない→しーひん

となるんですが、
主に京都・奈良・滋賀の若い人がよく使う言葉です。

大阪では、

  • いない→おらん、おれへん(大阪市・南大阪)、おらへん(北大阪)
  • しない→せーへん(大阪全域)

”ひん”を大阪でも京都でも共通して使う言葉は

  • 着ない→きーひん
  • 見ない→みーひん
  • 似ない→にーひん

の3つです。

基本的にないの前が”イ段”の場合、
着ない(かきくけこの”き”)
見ない(まみむめもの”み”)
似ない(なにぬねのの”に”)
へんではなく、”ひん”を使うので覚えておいて下さい。