以前日本テレビで放送された火曜サプライズでHYDEさんが関西弁を話していることに
ギャップがあると話題になっていました。

 

全国ネットの番組で関西弁を話すHYDEさんにびっくりしたファンの人もいる様子。

 

HYDEさんはいつから関西弁を使うようになったのでしょうか?

HYDEさんはラルクで売れだしてからしばらくは関西弁を話していましたが、
メンバーであるTETSUYAさんやKENさんが次第に関西弁を話さなくなり、
一時期HYDEさんも関西弁をメディアの前ではそこまで話さなくなってしまいました。

 

しかしながら、キャンペーン等で出演していた大阪のテレビ番組やラジオ番組、
大阪を始めとする関西のライブ等では昔から関西弁を話しており、
HYDEさんのファンは特別びっくりしていないのが正直なところ。

 

元々HYDEさんは和歌山県出身で高校生まで育ち、専門学校で大阪に出て、
メジャーデビューする直前まで大阪市住吉区に住んでいたという話。

 

余談になりますが、当時ラサール石井さんの実家のうどん屋さんの近所に住んでいて、
食べたいと思っていたそうなんですが、当時お金がなくて普段はインスタトラーメン3食。

 

バイトの給料日に月1回ファミレスに行くのが贅沢というぐらい困窮していたそう。
そんな話を読売テレビの関西ローカルの番組で関西弁で話していました。

 

さらに、その時にHYDEさんは大人になるにつれて関西弁の良さを痛感しており、
普段も使うようになったようです。

 

コテコテのよくある関西弁は苦手だそうですが、ライブなんかで1週間大阪公演が続くと、
大阪に居れるのがうれしいと関西のFMラジオ番組なんかでも話しており、
HYDEさんはやっぱり地元大阪は好きな様子です。

 

HYDE関西弁まとめ

  1. 関西のライブやメディアでは昔から関西弁を使っている
  2. 大人になるにつれてより関西弁が好きになり関西弁を使うようになった
  3. ライブなどで1週間大阪に滞在できるのがうれしく大阪が好き

以上の3点です。

 

HYDEさんのファン以外のあなたもぜひ知っておいて下さい。