よく使う京都弁をまとめたいと思います。

1 はる

京都弁の特徴はア段+はるになるのが特徴。
イントネーションもやや他の関西地域とは異なり、
”はる”の前にアクセントが来ることが多いです。

  • 行かはる(※大阪や神戸では行きはる)
  • 言わはる(※大阪や神戸では言いはる)
  • 来たはる(※大阪や神戸では来てはる)
  • 気に入ったはる(※大阪や神戸では気に入ってはる)
  • 遊ばはる(※大阪や神戸では遊びはる)

2 ねんかぁ

京都の若い人は語尾に”ねんかぁ”を多用します。
大阪や神戸では”ねんやん”や”ねんやんか”を多用するので、
”やん”が省かれるのが特徴。

標準語で言うところの~してたんだよねという意味。

  • 寝ててんかぁ(※大阪や神戸では寝ててんやん)
    (寝てたんだよね)
  • さっき起きてんかぁ(※大阪や神戸では起きてんやん)
    (さっき起きたんだよね)
  • 言ってんかぁ(※大阪や神戸では言ってんやん)
    (言ったんだよね)

スポンサーリンク

3 ア段+へん

京都弁は大阪と違って、”ない”をそのまま”へん”に変えて表現するので、
他地域の人からすると分かりやすいです。

  • 行かへん
    (行かない)
  • 言わへん
    (言わない)
  • 飲まない
    (飲まへん)
  • 来ない
    (こーへん)

4 ひんの多用

京都は”ひん”をよく使います。

  • しない→しーひん(大阪ではせーへん)
  • いない→いーひん(大阪ではおれへんやおらへん)
  • 来ない→きーひん(若い人はこーへんを使う)

上記の”はる”と”ねんかぁ”が京都弁の大きな特徴で
他に以下のような言葉を京都の人はよく使います。

●~行こけ→行こうかの意味(語尾に”け”をつける、男性が主に使用)

例)カラオケでも行こけ?

●~しよけ→しようかの意味(語尾に”け”をつける)

●バンバン→とても、めっちゃの意味

例)バンバンLINE入って来る・・・めっちゃLINE入って来る

●えらい→しんどい、疲れたの意味(中国・四国ではよく使うが関西では大阪・神戸では使わない)

●~しよし→~したらどうの意味

例)ゆっくりしよし・・・ゆっくりしたらどう?

●~さかいに→~だからの意味

●~せやさけぇ→だからの意味

●きーひん→来ないの意味

●どやさ→どうですかの意味(※京都出身今くるよさんが多用)

●ぶぶ漬け→お茶漬けの意味(年配の人のみ使う)