金本監督のコメントを見ると
新聞紙上ではよく関西弁になっていることがありますが、
金本監督曰く関西弁は記者が勝手に変換しているもので、
基本的に使用しないそう。

 

ただし、金本監督は広島出身なので、
広島でも本当のことをホンマと言いますし、
関西弁と似ている部分がかなりあるのが実際のところ。

 

あと広島特有の語尾の”じゃ”という表現は、
金本監督は関西では”や”と言い換えているように思うので
そういう意味でも関西弁に感じる人も多いかもしれません。

 

金本監督は新井選手とか広島出身の選手と話す時には
広島弁を使っているものの、普段は標準語に近いイントネーションで
多少の広島弁と語尾に若干関西弁をしゃべっているという印象。

 

ということで、
金本監督はそこまで関西弁を使用していないということになります。