よく関西の人と会話すると”しょうみ”という言葉が出てきます。
使う人はめちゃくちゃ使うこの”しょうみ”という言葉。
あなたも聞いたことはないでしょうか?

 

関西以外の地域の人にとっては、意味が分からないという声も。
一体このしょうみという言葉はどういう意味なのでしょうか?

 

結論から言うと、
本当のところ、実際のところといった意味。

 

例)

正味の話がシャレならんで→本当のところ、話にならないよ

正味どれぐらいなん?→実際のところ、どれぐらいなの?

正味なんぼになるん?→実際のところいくらになるの?(値切りる場面でよく使う)

正味最近どうなん?→実際のところ最近どうなの?

 

こんな感じです。

 

漫才師の横山やすしさんが西川きよしさんとの
やすきよの漫才でこの正味という言葉を連発していており、

 

これをダウンタウンの松本人志さんが昔バラエティ番組
ダウンタウンのごっつええ感じでマネしていたことで、
一気にこの”正味”という言葉が流行ったように思います。

 

年配の人は正味の話が・・・ってよく使い、
若い人は正味なんぼなん?とかそういう使い方をする人が多いです。

 

この正味とか正味の話とかは使う人はかなり頻繁に使うので、
他地域の人もぜひ覚えておいてください。