関西弁へんとひんの使い方についてと意味について書きます。

●へん

イ段以外で終わる「ない」をへんで言い換える。

※しないのみせーへんとなることが多い。

例)

  • 見えない→見えへん
  • 出ない→でーへん
  • 負けない→負けへん
  • 飲まない→飲まへん※大阪弁では飲まない→飲めへんになる
  • 書かない→書かへん※大阪弁では書かない→書けへんになる

例外1)

~てないは”ない”の部分をへんに変える。

  • してない→してへん
  • 言ってない→言うてへん
  • 会ってない→会ってへん

(例外2)

書けない、行けないなど”けない”は”かれへん”と特殊な変化

  • 書けない→書かれへん ※京都弁ではそのまま書けへん
  • 行けない→行かれへん ※京都弁ではそのまま行けへん
  • 落ち着けない→落ち着かれへん ※京都弁ではそのまま落ち着けへん

大阪や兵庫では~かれへんと表現。

スポンサーリンク

●ひん

イ段で終わる「ない」をひんで言い換える。

  • 見ない→みぃひん
  • いない→いーひん
  • しない→しぃひん ※大阪ではせーへんと言う
  • 着る→きぃひん
  • 似ない→にぃひん
  • 出来ない→できひん

関西弁の多くはへんを使うと9割OKで、
ないの前がイ段で終わるものだけひんを使います。

その中でも特によく使うのは、
見ないの見ーひんと着ないの着ーひん、
しーひんは京都の人はよく使うけど大阪ではせーへんと言います。

なので、
見ーひんときーひん、この2つだけ抑えておけば十分。

後はほとんどが”へん”を使うと覚えておいたら楽でしょう。
ぜひ知っておいてください。