北摂地域(吹田・茨木・高槻・摂津)に住む人が使う大阪弁は
生粋の大阪人が使う大阪弁と微妙に異なります。
おそらく、北摂地域は大阪以外の地域の人が多く住む地域だからだと
思うんですが、大阪色が薄い印象です。

では、具体的にどう違うのか?

例)

行かない→行かへん(北摂)

行かない→行けへん(大阪市内・南大阪)

行けない→行かれへん(北摂・大阪市内・南大阪共通)

書かない→書かへん(北摂)

書かない→書けへん(大阪市内・南大阪)

わからない→わからへん(北摂)

わからない→わかれへん(大阪市内・南大阪)

来ない→こーへん(北摂)

来ない→けーへん(大阪市内・南大阪) 

以上のように、
北摂は”ない”の部分を”へん”に変える京都弁に近い
言葉使いをするのに対し、
大阪市内より南は全部エ段+へんになるのが大きな違いです。

行かれへんや言われへんなどは北摂でも大阪でも共通。

来ないは北摂の人はほぼ”こーへん”を使います。

一方大阪市内より南では”けーへん”を使います。

ややこしいですが、ぜひ知っておいてください。