関西弁でありがとうを意味するおおきにですが、
実際のところ使う人はいるのでしょうか?

結論から言うと、おじいちゃん、おばあちゃん世代の人や
商売人の人は使います。

おじいちゃん、おばあちゃん世代というと70歳以上の人は
普通にありがとうの意味でおおきにを使う場合がありますが、
若い人でおおきに!という人はきわめて少ないです。

特に40代以下の人でおおきにと普段から使っている人は
関西に住んでいても見たことないぐらい。

あと、商売人の人が親しみを込めて
おおきにというケースは多々あります。

商店街にあるような八百屋、魚屋、果物屋、花屋、駄菓子屋なんかでは
よく聞かれる言葉ですし、運送屋なんかもよく使います。

あとは飲食店でも使う場合があります。

まとめると、
おおきにを普段から使うのは70代以上の人や商売人の人ぐらいで
普段はありがとうと普通に言います。